2018年箱駅伝連覇を達成した青山学院陸上部原監督の采配は

選手層の厚い事が,有名です。

 

出典:https://www.nec-nexs.com/bizsupli/leader/hara/

 

この青山学院の強さの基礎作りは、原監督の誰が、やっても強く成れる土俵が、秘訣とも言われています。常識を疑う、常に今ある常識を疑う事からこの時代の早い流れに対応していく為とも言えます。

 

変わらない事が知らないうちに成るぬるま湯な常識をいかに変えていく事を自分自身から行う事で、最大限の実力を発揮する選手層の厚みではないでしょうか。

各選手が、その最大限の実力を常に各自が管理してその時の状態をベストで取り組む采配が、原監督の持ち味です。

スポンサーリンク

 

営業時代に培った原監督のより良い組織を作る作戦

 

原監督は、中国電力時代は営業マンとして社内実績で、ナンバーワンの実力を持っている人です。それは、今の常識を常に疑い誰にでも出来る土俵作りが、必要と言われています。

 

企業では、トップが変わっても業績が落ちない企業が、たくさん有ります。

その様な企業は、ちゃんとした土俵が出来ている各自自身が、自分が何をすべきかを意識する様な環境を作る各自の実力が、全体のチームワークの力と成果が生まれるより良い組織がより良い人材を育てるこの組織を土俵から作り上げたのです。

 

それはどのような組織か、個人に依存するのではなく、全体で戦える組織です。チームとして挑戦し、戦うということをキーワードに掲げました。

その組織を作るためには、最初に行ったのはルール作りです。そのルールとは、規則正しい生活をすること特に長距離選手は、いくらいいトレーニングをしても、夜更かしをしたり、食生活が乱れてしまったりするとパフォーマンスが上がりません。

 

そのため、当たり前のことではありますが、早寝・早起きをして、しっかり練習をする、食事もしっかり取る。18歳から22歳という若者に規則正しい生活を定着させるにはずいぶんと時間がかかります。

 

青山学院大学は各自が、目標設定を行いアウトプットする

 

出典:https://toyokeizai.net/articles/-/99449

 

ますは、目標を作りその目標に付いて少人数で、ミーティングをする 少人数なので、気軽に意見が言える環境、自分で決めた目標に対しての疑問や問題をアウトプットすることでの刺激や変化に気付くそこで、

自分に対しての変化の有る環境を作る事が、各自の最大限の実力を、発揮出来るようになるまた、ミーティングでの他人への伝え方も勉強が、出来る事にも成ります。

 

人に上手く伝える事は、将来社会に出てからも非常に役に立つ事にも成ります。この様な環境を今まで時間を掛けて築き上げて来た原監督の選手を伸ばす秘訣です。

 

人間インプットしたことは、アウトプットすることで、相手もも貢献出来、自分の記憶ににも残ります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

これからの時代は、自身が自分を意識する、環境の世界を自分自身で、しっかりと見極める目標をを持って活動が出来る環境を如何に見つけ出せるか

 

また、自分自信でその環境を作るかこれからの人生にはたくさん目標を達成する為に考えて行かなければ成りません

 

是非も一度自分の考え方を意識して見てください

 

 

スポンサーリンク